忙しい時期には休日出勤や残業が増える

基本的には勤務時間は一定している

工場での勤務時間は日勤であればだいたい朝8時30分ぐらいから夕方の5時30分ぐらいまでになっています。夜勤がないところであれば、サービス業と違い、日によって出勤時間が変わってくるシフト制は採用されておらず、毎日決まったスケジュールに沿って仕事をすればいいので、そういった勤務形態が好きな人にとっては理想的な職場といえるでしょう。
ただ、工場で作っている製品によっては非常に忙しい時期が存在し、その期間は休日に出勤したり、残業しなければならないことがあるので注意が必要です。たとえば、夏や冬など、特定の季節で多く売れる商品を作っている工場だと、夏前、冬前とそのほかの時期では勤務時間はかなり変わってくることになるでしょう。

事前に調整すれば定時で帰れることも

では、休日出勤や残業はしたくないという場合はどうすればいいのでしょうか。もし、アルバイトなど非正規雇用者であれば「定時で帰りたい」といって断ることができるかもしれません。派遣会社を通じて工場で働いているのであれば、最初に派遣会社に話を通しておくことで忙しい時期でも定時で帰ることができるでしょう。ただ、正社員として働いている場合は周囲の目というものがあり、自分だけ定時で帰るというのは相当難しくなります。したがって、一番の解決方法は忙しい時期が存在しない工場で働くということになるでしょう。
ただ、工場によっては忙しい時期は休日出勤と残業は当たり前だけど、暇な時期なら有給休暇を目一杯取らせてくれ、ほかの会社ではあり得ないような長期休暇を過ごせるところもあるので、長期休暇を利用して趣味などに明け暮れたいという人なら一考の余地はあります。