工場勤務の仕事は単純作業が多いので集中力が必要

オートメーション化による機械相手の作業で会話が少ない

オートメーション化が進む近年の工場作業。オペレーターの設定に従って稼働パターンが固定化された作業ロボットは、人間のような疲労もミスもほとんどなく、生産量を飛躍的に増大させています。 しかし一方、人間主導の職場とは異なり「物言わぬストイックな機械」が現場の主役となっている現状もあります。機械相手の作業員が増えることで人間同士の会話が少なくなり、単調な機械音だけが鳴り響く殺風景な現場になりやすいのです。 工場で導入される機械は大小様々ですが、どれもほんの些細なミスが命の危険に繋がるため、無駄な会話は慎むべきです。とはいえ機械操作のオペレーターや、流れ作業で機械の直前・直後を担当する場合、気分転換もままならず周囲から隔絶されたような孤独感を覚えることもあります。

一定のリズムで動く機械が作業の単調化を生みだす

工程のオートメーション化は会話を減らすだけではなく、作業リズムを一定化させてしまうデメリットもあります。手作業主体の現場では、熟練した職人がメトロノームのような役割を果たすのが普通です。しかし人間主導で単純ミスなどの不安定要素が出やすいため、作業リズムにランダム性が加わることでリフレッシュしやすい効果があります。 作業機械の性能は日々進化を続けており、稼働ペースの早さと単調さにますます磨きがかかっています。動きをほとんど停めることなく、ただ黙々と一定リズムで製品を吐きだす機械。こうした機械が最近の工場では頻繁に導入されていることもあり、それに関わる作業員にも単調な意識が波及しやすいのです。手先の器用さや体力も重要ですが、こうした理由から工場勤務で一番必要とされる要素は、「長時間黙々と働き続けられる集中力」と言えるのです。